ホーム > ワクチンについて

ワクチンについて

ワクチンをうつ時間はおはやめに!

ワクチンを接種することによって、まれに貧血、顔面の腫脹など、免疫反応による副作用が出ることがあります。急激な出現に関しては摂取後10分の待ち時間にて対応いたしますが、帰宅後のそのような症状に速やかに対応するため、午前、午後ともに早めの診療時間に接種することをお奨めいたします。
おうちにやってくる!
 最低一週間はおうちで様子を見てください。新しい環境に慣らすと 同時に、病的な症状が出ないかどうかをチェック!
生後2ヶ月(8~10週齢)
混合ワクチン 第1回目接種
生後3ヶ月(12~14週齢)
混合ワクチン 第2回目接種
ここから一週間たつと、お散歩へ!(わんちゃん)
生後4ヶ月
狂犬病ワクチン接種 同時に、各市町村への畜犬登録
生後6ヶ月
避妊・去勢手術ができるようになります。
1歳以降
毎年一回、追加接種を行います。狂犬病は、毎年4月から6月の間に、混合ワクチンは、最後に接種した日から一年後に接種していきます。(正しい接種時期から一年以上が過ぎている場合は、いつでも接種できます。)
犬猫年齢早見表

ページ上部へ

診療時間 9:00~12:00/15:30~18:30 休診日 土曜日午後、日曜、祝祭日
| ホーム | ワクチンについて | 混合ワクチン(犬) | 混合ワクチン(猫) | フィラリア避妊・去勢手術
| 院内案内 | マイクロバブル | マイクロチップQ&A | アクセス |