ホーム > 避妊・去勢手術

避妊・去勢手術

にゃんこ わんこ

・事前にTELにてご予約下さい。
・オスは朝連れてきていただいて、夕方お迎えになります。
・基本的にメスは、一泊のお泊まりとなります
・手術料金、その他のことはお問い合わせ下さい。
不妊・去勢手術のメリットとは?
望まれない妊娠を防ぐ
不妊・去勢手術は、望まれない妊娠を未然に防ぐことで、捨てられる、あるいは処分される動物を減らすという道徳的な意義があります。不妊手術は、女の子の卵巣と子宮を摘出する手術で(卵巣のみを摘出する方法もあります)、去勢手術は男の子の睾丸を摘出する手術です。
性ホルモンに関連した病気の予防
女の子では、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、などが性ホルモンに関連した病気です。なかでも、乳腺腫瘍は、女の子のワンちゃんの25%(4頭に1頭!)にそのリスクがあるという報告があります。しかしながら、不妊手術によりそのリスクが減ることが分かっています。また、不妊手術の時期によってもそのリスクは変わってきます。(表1)

表1・雌犬の不妊手術の時期と乳腺腫瘍の予防効果

初発情前

99.5%

1回発情後

92%

2回発情後

74%


女の子のネコちゃんの乳腺腫瘍は、悪性率が非常に高いのですが、こちらも不妊手術によるリスクの低減が確認されています。(表2)

表2・雌猫の不妊手術の時期と乳腺腫瘍の予防効果

6ヶ月齢まで

91%

7~12ヶ月齢まで

86%


また、男の子では、前立腺肥大症、精巣腫瘍、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫、などのリスクを低減するとされています。
性ホルモンに関連した問題行動の抑制
発情(出血や鳴き声など)、男の子のネコちゃんのスプレー行動、攻撃性、逃走癖、マウンティング行動などの性ホルモンに関連した問題行動を抑制するとされています。

ページ上部へ

診療時間 9:00~12:00/15:30~18:30 休診日 土曜日午後、日曜、祝祭日
| ホーム | ワクチンについて | 混合ワクチン(犬) | 混合ワクチン(猫) | フィラリア避妊・去勢手術
| 院内案内 | マイクロバブル | マイクロチップQ&A | アクセス |