ホーム > PET DOCK

■PET DOCK の ご 案 内■

毎年一回は「ペットドック」を!

人間と同じ様に、動物たちも肝臓疾患・腎臓疾患・内分泌疾患・心臓疾患などにかかります。

しかし、動物達は言葉で自分の症状を伝える事が出来ません。そのため、私達人間が分かる程の症状が現れた時には、病気が進行している事がほとんどです

そんな病気でも、早期に発見して治療を行えば治せる事があります。治る事が無くても進行を遅らせたり、苦痛を減らしてあげる事が出来る場合もあります。

ペットドックでは複数の検査を同時に行うので、多くの病気の早期発見に繋がります。また病気の進行具合を判断して、今後の方針を決める事が出来ます。

さらには、健康な時のデータを毎年更新する事で、今後の病気の発見がより早期に出来ます。

この様な理由から、是非年に一回はペットドックを受診して下さい。

     ◆検 査 の 流 れ◆

事 前 準 備 ウンチとおしっこの採取
●●
問 診 病歴、食餌の内容など
●●

身 体 検 査 視診、聴診、触診など
  

尿 検 査
   
便 検 査
  

血液一般検査 貧血、血小板の異常などをチェック
  ⇊
血液生化学検査 肝臓、腎臓、糖尿病などをチェック
  
レントゲン検査 胸部および腹部を撮影
  
超音波検査
(オプション) 
 
  ⇊
検査結果の報告
 

 注意事項とお願い

予約制となりますので、できれば3日前までにご連絡下さい

受診の際のコースは事前にご相談下さい

受診当日午前0時からは絶食にして下さい

受診時に、尿と便をお持ち下さい    (可能であれば当日のもの)

受診当日は朝9時から11時の間にご来院下さい

全コースとも日帰りです       (午後の診察時間にお返しします)

ご不明な点は、当院までお問い合わせ下さい

ページ上部へ

診療時間 9:00~12:00/15:30~18:30 休診日 土曜日午後、日曜、祝祭日
| ホーム | ワクチンについて | 混合ワクチン(犬) | 混合ワクチン(猫) | フィラリア避妊・去勢手術
| 院内案内 | マイクロバブル | マイクロチップQ&A | アクセス |